人妻の割り切り

バイト先で出会った由香さんは孤独な主婦でした。旦那さんとの会話もほとんどないし、子供もいないし、何のために結婚しているのかわからない。だからバイトをしている時が1番楽しいと言う由香さんに「俺も由香さんと一緒に働ける時間がすごく楽しいです。」と言うと急に赤面し喜んでくれました。こういう反応は今まで付き合っていた彼女でも見たことなかったので新鮮に感じました。さらに、下ネタトークをするともう数ヶ月してないから、ある意味結婚しているのか本当にわからないし、旦那のことはお金くれる居候しているような感覚というので冗談で「人妻の割り切りとか興味あるんだけど、俺とそう言う関係にならない。」と言うと人妻の割り切りが意味が分からなく、体だけの関係と伝えるとまた赤面され、大人をからかうもんじゃないよと叱られました。

それからしばらくして、バイトで飲み会がありました。今回の飲み会には由香さんも参加。旦那が出張でしばらくいないから来れたみたいで良かったなと思いました。2時間位過ごし、帰り道同じ方向なので一緒に帰りました。俺は意外と酒が弱いせいで由香さんに支えられながら帰りました。「俺本当に由香さん好き。でも金ないから付き合うことはできないけど、やりたいなと思うんだ。」「じゃぁ、やる。」その言葉で急にキスをされました。「私も本当はやりたいの。本当にやらないなら言って。やるならやろう。」ちょっと強引だけど悪くない。一気に酔いが冷めたような感じになり俺たちは多目的トイレでやってしまいました。

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK該当機能はStrikinglyより提供しています。